星野薬剤師|当知店 薬剤師(契約職員)

当知店 星野薬剤師 の1日

午前 開店~11時

パート薬剤師店内の掃除など開店準備をし、スタッフと申し送り事項の確認などをします。

患者様の来局ペースが遅いうちは外来業務を行いながら、薬の補充や一包化調剤予製の作成・鑑査なども行います。

昼 11時~13時

外来のピーク時間帯です。

一包化調剤の患者様が続いたり、医師への疑義照会、患者様からの電話での問い合わせ、窓口に相談にみえる患者様などが重なる事も珍しくなく、優先順位を考えながら乗り切っています。

患者様との信頼関係にも影響しますので、ミスは絶対にないよう、どんなに忙しくてもダブルチェックは必ず行い、薬剤師と事務員が阿吽(あうん)の呼吸で動いています。

午後 13時~16時

外来のピークが終わる頃、昼休憩をとります。

休憩後は、午前中の外来業務で気になった患者様についての情報提供書を診療所に持っていったり、薬のお届け、在宅訪問を行い、また、他店舗への応援に出かける事もあります。座って薬歴記入に集中できる時間がなかなかないため、外来をこなしつつ、要点を押さえた薬歴を記入するよう努力しています。

夕 16時~18時

私は16時までの勤務なのですが、かかりつけ患者様の予定によって、来局されるまで待つことがあり、その
時間に発注業務や薬歴記入をすることがあります。

Point(伝えたいこと)

パート薬剤師月に1回、土曜の午後から認知症カフェにも参加して、患者様や診療所のスタッフとの交流も図るようにしています。「かかりつけ薬剤師」の制度ができてから、「あなたがいい」と言ってくださる患者様も何人かみえて、ますます「患者様のために何ができるのか」を常に考えるようになりました。

自分の意識の持ち方次第で、常に新しい目標を持てる、とてもやりがいのある仕事です。

また、私には子供が2人いるため、夜勤務はできず働ける時間帯も限られます。しかし、その点を考慮してもらえたうえで、在宅訪問の患者様を担当させてもらったり、地域活動のサロンに参加させてもらったりなど、やりがいのある仕事を任せてもらえているため、限られた時間でも自分の力を発揮できると思います。

子どもの発熱などで急なお休みをもらうときも、他店舗の皆さんに助けてもらえるので、子育てと仕事を両立できています。